動力資機材強化練習を実施しました

例年5月から実施しているPWCやIRBなどの動力救助用資機材の練習を今年は諸事情により3月から開始しました。

気温は10度前後ありますが、水温は8度前後であり、海上は波や風の影響によって体感温度は非常に冷たく感じられます。
PWC(水上オートバイ)に関しては、ドライバーの操船訓練を中心に行い、スレッドに乗船し救助活動を行う救助員の練習にも重点を置きました。
IRB(膨張式救助ボート)については、ボートのセッティング練習や、操船訓練を中心に行いました。

今シーズンも、海水浴場や各種競技会において水辺の事故をゼロにするために全力で取り組んで参りますので、皆様のご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

2017年3月21日

年末年始特別警戒及び安全指導の実施について

当クラブでは、年末年始における安全確保のため、平成28年12月14日から平成29年1月14日までの間、年末年始特別警戒及び訪船安全指導を実施します。※海上保安庁指定海上安全指導員及び海上安全パトロール艇としての活動となります。

実施する取り組み

①特別警戒
犯罪および事故の未然防止を図るため、青色パトカーを用いた不審物・不審者への 警戒を呼びかけるとともに制限速度を遵守した運用を徹底し、交通事故防止を図ります。

②訪船安全指導
海難の発生原因として、操船者の見張り不十分や操船不適切といった基本的な安全 意識の欠如が目立つ現状を踏まえ、海技従事者に対する安全運航の徹底指導を行うとと もに、乗船者の海中転落事故防止対策の指導を行います。

2016年12月16日

全日本ジュニアユースライフセービング競技会に出場します。

全日本ジュニアユースライフセービング競技会が下記の通り開催されます。

宮城県仙台市で行われる大きな競技会となりますので、お近くの方は是非お越し頂き、観戦・応援をよろしくお願いいたします。
◆日程 2016年 12 月 17 日(土)から18 日(日)
◆会場 宮城県総合運動公園総合プール(宮城県宮城郡)(愛称 セントラルスポーツ宮城G21プール)

15492304_1565533016806661_8100514703851478647_n

2016年12月16日

水上バイク等の受入を中止します

【水上バイク等の乗入れ禁止について】

これまで、気仙沼ライフセービングクラブと、大島観光協会は小田の浜での水上バイク等の乗入れについて、水上バイク愛好者も大切な観光旅行者として楽しんで頂くために、震災後の復旧当初から特別な規制を設定してきませんでした。
今シーズンは水上バイク等のアンカー場所にブイを設定し、併せて養殖施設が点在する海域での高速航行を避けて頂くよう、水上バイク等の船長さんにお願いするとともに、標識などで広報して参りました。

しかしながら、お願いに誠実に応えて頂く愛好者の方がいる一方で、再三のお願いに関わらず、遊泳区域への乗入れや隣接海域での暴走行為を一切辞めない方が多いことも事実であります。

このままでは、遊泳者との人身事故の発生や、養殖施設破損、漁船との事故などの発生が危惧されます。
また漁業関係者において、各種摩擦や署名運動の動きなどもあり、今後の小田の浜海水浴場存続にも影響を与えることを深く考慮し、平成28年8月2日より水上バイク等の受入を中止しました。

このため、小田の浜正面海域に船舶侵入防止フェンスを設置しました。
※砂浜に着岸できる場所はございません
※船舶侵入防止フェンスを乗り越えた事による如何なる損害・責任も負いません。

今後はフェンス内に水上バイク等を入れた場合には、遊泳者の安全を迅速に確保するための対応を行います。

この様な対応を行うことは、ギリギリまで避けて参りましたが、事情を御考察の上、皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
http://blog.goo.ne.jp/oshima2009/e/9eb9c7ad6a26246dbfe4731fc0568ed7image

本日 海開き!

本日より、小田の浜海水浴場が海開きします!

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1060384567348799&id=290215394365724&__tn__=%2Asimage

image

海水浴場が始まります!

 気仙沼ライフセービングクラブで監視・救助活動を行う小田の浜海水浴場(宮城県気仙沼市大島)が下記のとおり海開きされます。
多くの皆様のご来場をお待ちしております!

開設期間 平成28年7月23日(土)~平成28年8月25日(木)
開設時間 午前9時から午後4時まで

海の安全に関することやお気づきの点がございましたら、警備本部又はお近くのライフセーバーまでお気軽にお声掛けください。

※なお、平成27年度進水の「水難救助艇しぶき調達プロジェクト」にご協力された方で、乗船や見学をご希望されます方は、お早めに当HPの問い合わせフォームよりご連絡いただけますと、プロジェクト担当者が当日対応できる場合がございます。

小型船舶操船練習会を実施中です

気仙沼ライフセービングクラブでは2艇の小型船舶を所有していますが、小型船舶操縦士の免状保有者は極端に少ないのが現状です。

そのため、クラブ員及び近隣ライフセービングクラブに所属するライフセーバーに免状保有者を増やし、救助資機材の効果的な活用、救助力強化に資するため、小型船舶操縦士国家試験を受験する者に対して、学科試験・実技試験対策の講習を行っています。

今回の講習者は7名で、2月及び3月に宮城県気仙沼市で実施する国家試験に挑戦します。

 

写真 5

人命救助練習中(要救助者を想定したブイを救助します。)

写真 2

ハンドコンパスによる方位測定(航海計器取り扱い)

写真 4 (1)

講習会が終わる頃には、一連の操船には慣れています。

 

ライフセーバーにとって、同じように海を利用する船舶について教養を深めること、操船を行えるようになることは非常に有益ですが、高校生や一般社会人にとって教習所に通うことや費用を賄うことは簡単なことではありません。気仙沼ライフセービングクラブでは、そのような地理的負担、経済的負担を少しでも軽減するために本講習会を今年度初めて開催しました。

 

 

 

 

 

 

この講習会は下記の海上法令を遵守して開催しています。(港則法が適用されない海域)
船舶職員及び小型船舶操縦者法に定められた小型船舶操縦者の遵守事項

第二十三条の三十六  小型船舶操縦者は、飲酒、薬物の影響その他の理由により正常な操縦ができないおそれがある状態で小型船舶を操縦し、又は当該状態の者に小型船舶を操縦させてはならない。
 小型船舶操縦者は、小型船舶が港を出入するとき、小型船舶が狭い水路を通過するときその他の小型船舶に危険のおそれがあるときとして国土交通省令で定めるときは、自らその小型船舶を操縦しなければならない。ただし、乗船基準において必要とされる資格に係る操縦免許証を受有する小型船舶操縦士が操縦する場合その他の国土交通省令で定める場合は、この限りでない。

 

感謝状を授与されました。

気仙沼ライフセービングクラブ内の「気仙沼ライフセービングクラブパトロール隊」に対して宮城県警察気仙沼警察署より青色防犯パトロール活動実施での感謝状が贈呈されました。

今後も水辺にとらわれない「地域安全・生命を守る」活動を続けていきます。

12508762_949038091816781_4464554878721032818_n 12573061_949040921816498_8380832758681449205_n

第3回ジュニアユースプールライフセービング競技会結果報告

【大会結果】
第3回全日本ジュニア/ユースライフセービング・プール競技会

12月19日20日に宮城県利府町・グランディ21プールにおいてジュニア/ユースのライフセービングプール競技会が開催され、以下の成績をあげることができました。
ご声援いただきました皆様に御礼申しあげます。

①中学生ラインスロー(三浦佑真、齋藤星也ペア)
第1位(2連覇)
②中学生100mマネキントウウィズフィン
第3位 三浦佑真
決勝進出 齋藤星也
③高校生200mメドレーリレー決勝進出

今後も競技会、水難救助活動などの様々な活動を継続していきます。

1915413_1007468329343708_3473330090763621690_n

12391306_188634344819421_4598393520776647227_n

2016年1月20日

進水式を行いました。

大変ご報告が遅くなりましたが、下記のサイトで7月26日に開催された進水式の様子を報告しておりますのでぜひご覧ください。

https://readyfor.jp/projects/rescue-kesennuma-lifeguard/announcements/27889

IMG_2371