水上バイク等の受入を中止します

【水上バイク等の乗入れ禁止について】

これまで、気仙沼ライフセービングクラブと、大島観光協会は小田の浜での水上バイク等の乗入れについて、水上バイク愛好者も大切な観光旅行者として楽しんで頂くために、震災後の復旧当初から特別な規制を設定してきませんでした。
今シーズンは水上バイク等のアンカー場所にブイを設定し、併せて養殖施設が点在する海域での高速航行を避けて頂くよう、水上バイク等の船長さんにお願いするとともに、標識などで広報して参りました。

しかしながら、お願いに誠実に応えて頂く愛好者の方がいる一方で、再三のお願いに関わらず、遊泳区域への乗入れや隣接海域での暴走行為を一切辞めない方が多いことも事実であります。

このままでは、遊泳者との人身事故の発生や、養殖施設破損、漁船との事故などの発生が危惧されます。
また漁業関係者において、各種摩擦や署名運動の動きなどもあり、今後の小田の浜海水浴場存続にも影響を与えることを深く考慮し、平成28年8月2日より水上バイク等の受入を中止しました。

このため、小田の浜正面海域に船舶侵入防止フェンスを設置しました。
※砂浜に着岸できる場所はございません
※船舶侵入防止フェンスを乗り越えた事による如何なる損害・責任も負いません。

今後はフェンス内に水上バイク等を入れた場合には、遊泳者の安全を迅速に確保するための対応を行います。

この様な対応を行うことは、ギリギリまで避けて参りましたが、事情を御考察の上、皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
http://blog.goo.ne.jp/oshima2009/e/9eb9c7ad6a26246dbfe4731fc0568ed7image

コメントを残す