主な活動

最近の動き

ジュニアライフセーバープログラム

小学校3年生から高校3年生までを対象としたジュニアライフセーバープログラムを通年で実施しています。

主な活動場所は藤沢B&G海洋センター(岩手県一関市)と、市内の海浜です。

小学生には自分の命を守る方法を中心に指導します。中高生になると、自分の命を守る方法から発展して、他者の命を守る方法を指導していきます。

また、年に数回実施されるライフセービング競技会の練習も随時取り入れております。

IMG_2145

海浜練習

IMG_2120

海浜練習

IMG_2024

心肺蘇生法勉強会

IMG_2025

バックボード(全脊柱固定)取り扱い練習

 

平成27年12月に宮城県仙台市で行われた第3回全日本ジュニア・ユースライフセービングプール競技会では、三浦・斎藤ペアがラインスローで全国優勝2連覇をするなど着実にライフセーバーとして子供たちが成長してきています。

2014年12月26日

海水浴場(監視・救助活動)

当クラブでは気仙沼市大島の小田の浜海水浴場で監視救助活動を行っています。 市内のメンバーだけでなく隣町の一関市や、遠く仙台近辺からもライフセーバーが集まります。 また、クラブ員だけでは手薄なときには、岩手県釜石市の釜石ライフセービングクラブや神奈川県鎌倉からもライフセーバーが応援に駆けつけます。

IMG_2505

水上オートバイを用いた救助訓練

IMG_2529

ライフセーバーと監視員

IMG_2501

車両拡声器を用いた広報活動の様子

P7301004

60歳をこえたライフセーバーでも技術を生かして活躍しています

2014年12月26日